嬉しい味

陽射しは痛いけど、風が冷たくて気持ちいいです。
日本には四季があり、それぞれに旬がありますよね。

桜のピンクを見ると気持が高揚し、暑くなると潮の香が鼻につき、風を感じ落葉を踏み始めると焼き魚が食べたくなるし、街中にマライヤの歌声が響くと一年が過ぎる早さを感じます。
ワールドカップサッカーが始まろうとしても、前々回の代表監督の名前すら出てこない…
時が経つって…

去年この時季に何作ってたかすら覚えてない。

でも、飲食店にはそこの味があります。あそこのアレが美味しいから好きだから行く。

そのアレがない店は悲しい結末を迎えるのでしょう。
私は特別、料理が上手とは思いません。ただ自分で美味しいと思ったモノを提供している、包丁持ててフライパン振れるオジさんとしかおもってないんです。
決まったレシピに忠実な「美味しい方程式」には沿って行ってはいますけど全てではありません。

だから、いつも全く同じ味ってのが出来ない商品もあります。
その方がやってて楽しいからです。

10年も前に、私の和食の先生に3歳になる娘さんがいました。

バレンタインの日に手作りクッキーを焼いて持ってきた時の事。

料理人の私が、美味しいと言って良いものか?と言う出来栄えでした。

しかし、私にあげるんだと言う気持ちと作業の時間を想像したら、自然と

「嬉しい味ですね」と答えました。

嬉しい味。
今でもいい響きだなぁと思います。
それから、私は常に心に留めてあります。

だから美味しいだけで無く、嬉しい味もお皿に乗せて今もいます。
皆様にも、

美味しいだけで無く、嬉しい味を感じていただければなぁと思います。
まだお席に余裕がございます。宜しければいらしてみてください。

本日も宜しくお願い致しますψ(`∇´)ψ

広告