料理って何が大事?

和食の先生によく言われた。

「イメージばかり先行し過ぎだ」と。

やはり、経験不足をカバーしようとしてか、見破られてました。

イメージする事は大事ですが、それだけではダメだと今ハッキリわかります。

じゃあ、料理ってどうやって作るの?
料理って完成品が皆様の元に届きます。

料理になるまでが一番大事です。
まず厳選された食材を仕入れ、仕込みをし、調理を始め、料理に合った器に盛り付ける。皆様の元に届くまでの時間を逆算し火を入れる加減を調整したり、目の前で調味料を足したり…
料理って無限大。

今日のオススメ料理は

魚介の吉野仕立て。
彩りや素材のバランス、付け合せ野菜の大きさや旬を取り入れた一皿。
まず、見た目に「美味しそう」が大事。

「良い香り」も大事。

一口目のインパクトこそ、またまた大事です。

何が大事って、

料理になるまでが大事なんです。
一皿一皿にかける思い。
大事がいっぱい乗って“料理”になるんです。

だから

皆様のお顔で、その一皿の思いが伝わったかどうかがわかります。

箸の進み具合で評価が決まります。

少しでも、皆様のお役に立てれば幸いです。

本日も宜しくお願い致しますψ(`∇´)ψ

広告