ブルースを聴きながら

風が強くて寒い…
なかなか布団からでれなかった朝。

一枚のCDで眼が覚める。
連休前なので前注文は万全なので、ゆっくり市場に向かう車中、

大事な仲間の一人でもある“MAKI”さん。
彼の歌声がまた築地をより一層カッコよくしてくれる…

ナゼか、

まだ彼と知り合う前から知っていた。
ナゼか…
築地一、

ターレーの似合う男だったからか…
とにかく目立っていた。
私の入った会社に彼がいた。

“MAKI”さんは一言
『よぉ!』
まるで以前から知っていたかのように接してくれた。
その日から今でも、仲が良いのは言うまでも無い。

まぁ築地の中では

あえて「おっちゃん」と呼ばせてもらってる。
大きな声で

『おっちゃん‼︎』と呼びかけると、
『おぅ‼︎』と返って来る。
無駄口は一切たたかない…

よく目立つ彼が
築地一ターレーが似合い、

築地一、ブルースの似合う男である。

そして、

彼の笑顔で今日も荷物の山となるのであった…

本日も宜しくお願い致しますψ(`∇´)ψ

広告